にゃんこ祭り

猫、キャットフードについて書いていきます。

マンチカンはやっぱりかわいい。

マンチカンという猫についての説明。


マンチカンとはペットショップで大人気で猫好きなら一度でいいから飼育してみたいと思っている猫の種類。その人気ぶりかペットショップでは、20から80万という高額な値段で販売されています。ということでマンチカンの値段についてのことにもふれていきます。

☆長足マンチカンは10万から20万ほど。

マンチカンは基本的に奇形を出さないように短足と長足の猫で繁殖させます。当然、片親が長足の遺伝子をもっているので、長足の遺伝子を受け継いだマンチカンが生まれてくることもあります。このような長足マンチカンはあまり人気がないので、ペットショップで10から20万で販売されています。個人的に思うのは、猫はすべてかわいいので、長足とか短足とかそこまで気にする必要はないんじゃないのかなと。でも、世間では長足マンチカンが子猫でなくなれば、誰も見向きもしないので、保健所に行きになってしまいます。このような事態をさけるためにすることはペットショップが利益を度外視にして猫ちゃんの販売値段をさげることが重要になってくるでしょう。値段が下がれば、飼い主も見つかって命が救われる猫も見つかることでしょう。

☆短足マンチカンは20万から80万。

マンチカンの短足は人気も高く、ペットショップにいれば、すぐにうれてしまいます。その値段が60万だろうが、普通にうれます。このような人気の背景からマンチカンの短足は値段が高騰するようですね。こんな高値で販売されているマンチカンは庶民では手が出ないお値段なので、お金がないけどマンチカンを飼育したという人は里親サイトでマンチカンを貰い受けましょう。そうすれば、救われるマンチカン猫もいますし、自分の経済状況が悪化するということもなくなるでしょう。ただし、里親で猫を飼育する場合は、以前飼育していた人の猫の幸せを願う気持ちも背負っているので、猫が幸せになれるように全力をつくして世話をしていきましょう。

マンチカンと突然変異。

マンチカンは突然変異で生まれた短い足の猫という歴史をもっています。突然変異で生まれた後は、多くの人から莫大なる人気を獲得し、不動の地位を獲得しています。マンチカンが不動の人気を獲得したせいで、多くのブリーダーが無理な配合や無理な繁殖を繰り返して不幸な目にあってしまった猫ちゃんもおくいるので、マンチカンという種類がうまれたのが原因で不幸な一生を送ってしまった猫も多くいるでしょう。そう考えると人間というのは外見第一主義のとんでもない生き物だなとかんじてしまいます。ということでマンチカンの突然変異についての情報についてふれていきます。

☆マンチカンは基本的に短い足のの猫種とされているが、繁殖して生まれてくる子供の半分は足が長い。

ここで足が長いマンチカンは微妙と思われガチですが、繁殖するときは健常なマンチカンがうまれるように、長足と短い足を掛け合わせなければいけません。このような理由から、繁殖で健康な固体をうみだすためには長足マンチカンが必須になってくるのです。

☆長足マンチカンと長足マンチカンを掛け合わせるひとはいない。

長足マンチカンは生まれてきても安い値段で取引されるため、長足と長足で配合するブリーダーはいない。個人的には長い足の猫のほうが、運動能力が高いし、野生では生き残りやすいとおもうので、長足がイマイチという社会の価値観がおかしいと思う。でもペット業界は病気にかかりにくい健康な固体よりも外見がかわいさのみが重視されてしまっているという現状がある。この状況を変えていくにはペットショップで猫の販売を禁止にして、直接ブリーダーから猫を買い取るという仕組みにしていくしかない。

☆短足マンチカンを生み出すために、短足マンチカンと短足マンチカンを掛け合わせる業者がいる。

マンチカンは基本的に劣性遺伝子なので、足が短いという事実がある。当然、劣勢遺伝子同士の組み合わせをすれば、奇形の猫も生まれてきてしまう。このような現実を知りながらも利益に目がくらんだブリーダーが短足マンチカンと短足マンチカンを掛け合わせているという恐ろしい現実がある。このような現実をとめるためにはペット購入者が高額な値段でペットショップからマンチカンを購入しないことが重要になってくる。

マンチカンの性格についても触れていく。

☆マンチカンはおとなしい性格をしており、凶暴ではない。

マンチカンは本当におとなしい猫で、マンチカンがほかの猫に本気で攻撃している様子をみたことがない。それほどまでにおとなしい猫。そのため、さまざまな種類の猫との同時飼育も可能であり、人間との同居にも大きな問題が発生しません。ただし、猫も人間と同様で愛情をささげて飼育すれば、優しい性格になるし、ひどい飼育をすれば、凶暴な性格になってしまいます。猫種で性格をきめつけてしまうのはあわてすぎなのかなと思います。もうひとついわせていただくとペットショップ期間が長いとしつけも愛情もあまり受けていないため、攻撃的になってしまう傾向があります。


☆マンチカンはいろんなものに興味をしめす。とにかく興味津々。

マンチカンは人間と同じようにいろんなものに興味を示す傾向があります。。こんなものに興味を示すのかよ。マンチカンは。。。ということが日常で頻繁に起きるので、マンチカンを飼うことで刺激的な生活を送ることが可能になるでしょう。ユーチューブの動画とかでもプリンターに興味しんしんだったり、ねこじゃらしにすさまじいほどの執着心をみせるなど、ものに対して興味をしめしまくりです。


☆マンチカンは甘えん坊。

マンチカンは人に甘えてくれるので、人間側も愛情をそそぎやすい猫です。当然、人の愛情をたくさん受けた猫は優しい性格になり、人によく甘えるようになります。甘えてくれる猫には人間側もたくさんえさをあげすぎてしまい、猫をデブ猫にしてしまうこともあるので、かわいいからといってえさをあげすぎないようにしましょう。猫がデブ猫になれば、さまざまな病気を発祥してしまい、猫ちゃんの寿命が縮まってしまうという事態をまねきますからね。。


マンチカンの特性。

☆マンチカンは賢い。

マンチカンは賢い猫なので、しっかりとしつければ、決まったトイレの場所でことを済ませますし、飼い主がでかけて一人になっても大暴れしないで、お留守番をしっかりします。でも、しつけをいっさいしないでマンチカンを甘えさせまくれば、留守番中に大暴れしたり、そこらへんでことを済ませる猫になってしまうので、しっかりとしつけをしましょう。しつけることは厳しくすればいいだけではないので、マンチカンをおもいっきりかわいがってあげよう。

☆マンチカンに一度嫌われると信頼を取り戻すのが厳しい。

しつけのときにマンチカンに恐怖を与える叱り方をすると飼い主を怖い存在と思ってしまい、飼い主になつかなくなってしまいます。そのため、しかるときも猫に恐怖を与えないようにしからないといけません。


☆マンチカンは足が短い

マンチカンは足が短く、支えられる重さが普通の猫より少ない傾向にあります。そのため、体重が増えすぎると足に大きな負担がかかり、大病を患ってしまうこともあります。そうならないためにも普段からえさの量を管理したり、しっかりと運動をさせて体重管理に勤めましょう。


基本雑種の猫に直接チュッチュできるくらい猫がすきなんですが、短いマンチカンもやっぱりかわいい。僕みたいに思ってしまうひとがいるから、保険所にいる猫に誰も目を向けないで、ペットショップで猫を購入してしまうんですよね。。というのは置いといてかわいいマンチカン動画を紹介していきます。


この柄、手足の短さすべてにおいてCUTEです。個人的には猫じゃらしに夢中になっている猫を見るのがすきなので、この動画は1000点といってもいいでしょう。本当にかわいいです。後、マンチカンの動画をみるのも好きですが、雑種猫や野良猫の動画を見るのも結構好きだったりします。


マンチカン猫がシュレッダーに夢中になる様子の動画。猫がなにか一つのことに夢中になって人生楽しんでいる様子が伝わってくる。これは猫好きだったら2時間から3時間は楽しむことができる動画だと思います。ちなみに僕はこの動画を毎日みてます。

マンチカンの散歩動画。マンチカンを散歩させている系の動画は結構すくないので、相当レアな部類に入る動画。まあ、マンチカンを飼育している人がすくないので、マンチカンの散歩系の動画が出回っていないのかなとも思いますけどね。マンチカンが歩いている姿はCUTE。まさに究極としか言いようがない。。


マンチカン猫が食事をたべるのを我慢する欲求を抑えられずに、本能のままにえさを食べてしまうという動画。これは猫の獣としての野生が思う存分に発揮されている感じが最高すぎる。最近の猫は本能を抑えてしまっていきているのが多いので、ここまで本能をあらわにしている猫はレアです。


マンチカンVSマンチカンの動画。マンチカンは腕が短いので相手に攻撃しているのに相手に攻撃が届かないというまさかの展開。。これはじゃれあっているだけなのではと。。猫のこういうじゃれあいを見ると癒されますね。

マンチカン同士のじゃれあい動画。ついつい最後までみてしまいます。。ほんとにかわいすぎる。


ボールを投げれば、しっかりと持ち帰ってくるところがかわいい。まさに犬なんじゃないのかと思わせてくれる一面を併せ持っている。

マンチカン猫がお腹をすかしたときに取る行動の動画。猫もお腹が減るとおとなしくしてはいられないというのは人間とおなじ。これだけ、えさがほしいとないていますが、えさを食べるとどっかにいってしまい、人間に興味を示さなくなるというのが猫だったりします。

プリンターのトレイを引き出そうと必死になるマンチカンかわいすぎます。。猫は人間の三歳児程の知能があるので、賢いなあと関心してしまうことも少ない。ということは猫も人の言葉を理解できている可能性も0ではないよなあとおもうこともすくなくないわけですよ。この動画を見て思ったのは動画の内容が結構おもしろいのに、再生回数が少ないなあと。。

スポンサーリンク



最後に

マンチカンかわいい

猫がおもちゃに興奮した結果。。

ここまで短いものに興奮できる情熱がほしい。。うーん。人間とは知能を持ちすぎてしまったが故に、ただの棒でここまで興奮できなくなってしまった。。それにしてもマンチカンかわいい。。

スポンサーリンク


デブ猫対策にやっておきたいこと。

デブ猫対策にやっておきたいこと。


自分の飼っている猫がかわいいからといって毎日えさばかり与えていれば、あっという間にデブ猫になってしまうので注意が必要。今回は我が家で買っている猫がデブになってしまうんじゃないのかと恐れている人用にデブ猫対策について書いていきたいと思います。

猫の体重と肥満

★小型の猫種で2キロから4キロ。

小型の猫種の平均体重は2キロから4キロといわれています。この数字をオーバーしてしまうと肥満猫でダイエットが必要になってきます。肥満になると、猫が糖尿病や内臓疾患など、さまざまな病気を発症してしまい、猫の寿命が縮まってしまうので、迅速にダイエットをさせましょう。

★中型の猫種で4キロから6キロ

中型の猫種の平均体重は4キロから6キロといわれています。この数字をオーバーしてしまうと肥満猫という称号を獲得でき、ダイエットが必要な猫に昇格します。このような肥満猫に昇格してしまうと、普段から猫が活発に動くことがなくなり、さらに肥満が加速していき、糖尿病や内臓疾患という大病を患ってしまいます。。そうならないためにも普段から飼い主が猫の食べるえさの量をコントロールしましょう。


★大型の猫種で6キロから8キロ。

大型の猫種の平均体重は6キロから8キロといわれています。この体重をオーバーしてしまうと完全にデブ猫の称号を付与されてしまいます。ただでさえ大型の猫は重いので、抱っこするのが大変で、大型で、デブ猫になってしまったらだっこなんてできなくなってしまいます。しかも
デブ猫になれば、足の関節に多大な負荷がかかり猫ちゃんが足を痛めてしまいますので、注意が必要です。うちの猫デブになってきたなーと思ったら猫ちゃんに食事制限をしましょう

総括

デブ猫はかわいいと思ってどんどん猫に与えて太らせる人がいますが、猫も人間と一緒でデブは長生きしません。。デブになると、様々な疾患をはつびょうしてしまいますので、適度な体重にしておくのがベストでしょう。

キャットフードをどんどん与えるデブ猫の飼い主

デブ猫の飼い主は飼い猫がご飯食べたいと欲すれば、キャットフードを猫が食べたいだけ与え、猫を太らせてしまいます。猫がえさ食べたいといっても食べたいだけ与えてはいけません。その理由は猫は野生の本能で、いつか起こりうる飢餓のために、好きなだけキャットフードを食べておこうするからです。人間も猫も一緒で本能のままでご飯はたべつづければ亜kという間にデブに変貌するので、注意が必要。

高級キャットフードを与えよう。

たんぱく質が多く含まれていて穀物が少ないキャットフードを猫ちゃんに与えましょう。猫が大量に穀物を摂取して運動しても筋肉にかえたり、エネルギーとして使うことができず、脂肪としてからだについてしまいます。そのため、穀物が多いキャットフードをほしいだけたべれば、あっというまにデブ猫になってしまいます。このような現実を避けるためにも普段から穀物がすくない高級キャットフードを与えましょう。

猫と遊んであげよう。

猫が太ってしまうのは運動しないという理由がほとんど。そのため、猫としっかり飼い主があそんであげて、猫に運動させてあげれば、猫ちゃんが太りすぎることがないのです。あまり、猫にかまってあげる時間がないというひとは、猫ちゃんの食事を制限してあげるしかないのですが。

猫も人間と同じで歳をとれば、代謝がわるくなる。

猫も老猫になって歳をとれば、代謝がわるくなり、脂肪を燃焼できず、若いときと同じえさの量をたべるとどんどん太っていってしまいます。そのため、老猫になったら、飼い主がしっかり猫のえさの量のコントロールをしてあげましょう。

猫の去勢や避妊手術には注意。

猫は去勢したり避妊手術をすると闘争心が失われてしまい、運動しなくなってしまうことも少なくないようです。そのため、猫ちゃんにしっかりと闘争心を維持させて運動させたいならば猫の去勢や避妊手術はご法度。

スポンサーリンク



最後に
デブ猫対策をしっかりやっていきましょう。

シンプリーキャットフードの詳細。

シンプリーキャットフードは猫が20歳まで生きられるように開発された材料にもこだわったキャットフード。猫の場合、一切が5歳に相当するので20歳は人間で言う100歳という年齢。そんな長生きでいきる猫ちゃんはほとんどおらず、たいていは13ねんほどでこの世かたたちさってしまい、飼い主は悲しい思いをしなければいけません。飼い主に悲しい思いをさせないために、生み出されたのがシンプリーキャットフード。

シンプリーキャットフードの原材料。

★乾燥サーモンが29パーセントも含まれている。。→猫がたんぱく質を摂取するためにはたんぱく質豊富なサーモンをたくさん食べて何ぼ。乾燥サーモンが29パーセントも含まれているなんて、まさに良質なキャットフードです。後、サーモンが多くふくまれているため、炭水化物がすくないので、猫はシンプリーキャットフードを食べても太りにくく、動きやすい体系を維持することができるでしょう。

★サーモンが24パーセントも含まれている。→乾燥サーモンではないサーモンも24パーセントも含まれており、乾燥サーモンとあわせると53パーセントものサーモンがキャットフードにふくまれており、たんぱく質摂取にもってこい。それがシンプリーキャットフード。

★米が24パーセント→米が24パーセント含まれているので、炭水化物摂取もそこそこできます。炭水化物の取りすぎて太りすぎる可能性も0ではないのでご飯の上げすぎにはきをつけたほうがいいでしょう。しかも米を摂取することで、ビタミンやミネラルを体にしっかり補給できて猫ちゃんの体の健康は維持されて、風邪や病気にかかりにくくなるというメリットもあるので、米はキャットフードに必須でしょう。

★コーングルテン→コーングルテンいわゆるとうもろこしも含まれていますが、少量なので、猫ちゃんの体に悪い影響をあたえることはありません。コーングルテンの割合が多いキャットフードはあまり猫の体にいいキャットフードとはいえないので要注意です。

★サーモンオイル→サーモンの油はサーモンを食べるときに普通に含まれている成分なので摂取してもねこちゃんに悪い影響がでることはないといってもいいでしょう。

★ミネラル→ミネラルは体の健康をいじするために摂取しておかなければいけない栄養分。この栄養分がしっかりと含まれているシンプリーキャットフードは質がいいキャットフードといってもいいでしょう。

★ひまわり油→油成分もしっかりとひまわりのものであるとしっかりと記載しているので安心安全のキャットフードという自明の事実なのはいうまでもありません。安物キャットフードは油成分もごまかしてしまいますからね。。

★オート麦→オート麦という穀物も含まれていますが、少量なので、猫ちゃんの健康に害はありません。基本的にキャットフードで穀物が含まれていないものはないので、そこまで麦が入っているやばいでしょとあわてる必要はあります。安物キャットフードを食べている猫でも15年以上生きている猫もいますからね。。穀物が入っているキャットフードは欠点ばかりだと思われますが、猫のくいつきがいいというメリットも。

★グレイビーとは肉汁→肉汁もたっぷりと含まれているキャットフードで猫ちゃんのくいつきも相当いいとされるキャットフード。肉汁とはキャットフードの香りにもつながり、猫ちゃんにキャットフードのおいしさを伝える一つの要素になりかねない部分が少なからずあるのだ。
やっぱり、人間の食事の肉でも肉汁がたっぷりでる食事のほうがおいしいとおもってしまいますからね。キャットフードもしかり。。。

★乾燥全卵→たまごもたっぷりと含まれていてたんぱく質が豊富。ねこちゃんも乾燥全卵が含まれているシンプリーキャットフードをたべれば、体に筋肉もついて一石二鳥。。しかも猫は肉食たんぱく質をとってなんぼなので、たまごを摂取することは体にいいことまちがいなし。
人間でもたんぱく質を摂取してからだに精をだすためにたまごを摂取しますからね。。猫ちゃんも然りの部分はとてもおおかったりします。

★全粒亜麻→亜麻はカルシウム、ビタミン、鉄、マグネシウムを摂取できるの最高の成分。猫ちゃんも亜麻が含まれているシンプリーキャットフードをたべれば健康状態が万全に保たれるのはいうまでもない事実ですよね。

★タウリン→タウリンは摂取すると疲労回復効果があるとされる史上最高の元気成分。猫ちゃんもそんな元気が出る最高の成分が含まれているキャットフードを食べたら原器が出ること間違いなし。人間でもタウリンがたっぷりと含まれているドリンクをたべるとパワー前回元気満タンになりますからね。猫ちゃんもタウリンを摂取すれば、元気が充電されて、毎日活発に行動できるようになりますからね。

★メチオニン→メチオニンとは脂肪燃焼を促す成分。そんな脂肪燃焼を促す成分が入っているシンプリーキャットフードは猫ちゃんの余計な脂肪を燃やすのをてつだってくれて、猫ちゃんの肥満抑制効果がある。猫も肥満になると、さまざまな病気にかかってしまって長生きできなくなってしまうという弊害がすくなからずありますからね。

★オリゴ糖→オリゴ糖には便秘解消の効果があり、猫ちゃんが便秘にならないようにする効果があるとされています。便秘解消は猫ちゃんの健康を守るためには必要なことで、便秘が解消されれば、猫の体に悪いガスが体にたまることもなくなりますからね。そんな便秘解消成分が入っているシンプリーキャットフードはまさにねこたんの健康を考えてつくられた至高のキャットフードといっていいでしょうね。まさに最高。

★フランクトオリゴ糖→フランクオリゴ糖は腸内の調子をよくして猫ちゃんの腸を活発にします。

★クランベリー→クランベリーにはビタミンAとビタミンCがしっかりと含まれており、猫ちゃんの健康を保つためには必要不可欠。

★グルサコミン→軟骨の回復を促し間接の痛みを緩和させる効果があるとされるグルサコミン。関節の痛みがなくなれば、猫ちゃんが活発に動きまわれて幸せな猫生を送れること間違いなし。まさにグルコサミンは猫の元気を保つための特効薬といっていいでしょう。

★MSM→MSMとは肌荒れに効果があるとされる成分。MSMを摂取することで猫ちゃんの肌がいい状態に保たれます。

★コンドロイチン硫黄→コンドロイチン硫黄は関節痛に効果があるとされる成分。猫ちゃんの関節の痛みをとる効果が期待されています。

シンプリーキャットフードの成分についてもふれていいきましょう。

★粗たんぱく質31パーセント。→たんぱくしつが3割ほどなので、そこまでたんぱく質が多いキャットフードというわけではないようです。たんぱく質含有量については普通。

脂質14パーセント→脂質が14パーセント含まれていますが、安物キャットフードだと20から30パーセントの脂質なので、あまり脂質がふくまれていないキャットフード。

★粗繊維は1.6パーセント→繊維はあまり含まれていないキャットフード。猫ちゃんは肉食なので、あまり繊維を摂取してはいけないのですが、1パーセントほどなら安心。

★粗灰分は8.5パーセント→粗灰分は栄養があまりない成分。いわば残り物のカス。

★オメガ脂肪酸が2.74パーセント→オメガ脂肪酸はダイエット効果があるとされています。

最後に
シンプリーキャットフードは健康にとてもいいキャットフードみたいです。


シンプリーキャットフード公式サイト。
『シンプリー』

猫の爪切りをするメリット デメリットについて

愛猫の爪切りをしておけば、愛猫に引っかかれたときに怪我をしないからいいんじゃないのかと思われがちです。しかし、猫も爪が短くなれば日常生活においていきにくくなる部分があるのです。ということで猫の爪切りをするメリット デメリットについて書いていきたい。

猫の爪切りをするメリット。

★爪切りをしないと猫の爪が伸びすぎてしまい、爪が肉球にささって、猫に痛い思いをさせてしまうこともあるので、たまには猫の爪を切ってあげましょう。

★爪切りをしないと猫に引っかかれたときにめちゃくちゃ痛い思いをするので、痛い思いをしたくないよーという人は頻繁に爪切りをしましょう。

★猫を抱っこしたときに猫のするどい爪が自分の皮膚に食い込んでしまい、痛い思いをすることに。。。


猫の爪切りをするデメリット

★爪切りで爪が短くなることで猫の戦闘能力が低くなる。

猫は本来は野生の動物で、鋭い爪を生かしてえさをとったり、外敵から身を守ったりしている。鋭い爪が短くなれば、、鋭い爪を生かしてえさをとることに師支障がでたり、外的から身を守ることに支障が出てしまう。

★爪が短いと猫が喧嘩で弱くなる。

猫は結婚相手を見つけるときに、雄同士で雌の取り合いをします。そんな雌の取り合いをしているときに爪きりをして爪が短いと攻撃力が低くなってしまい、他の猫との喧嘩に負けてしまいます。他の猫との喧嘩に負けた結果子孫を残せないという結末を招いてしまうことも。

★爪が短いと木に登ることができなくなる。

猫は鋭いつめを生かして高いところにも簡単に登り、外敵から身を守ります。爪が短ければ、木に登ることができなくなってしまい、外敵から逃げることができなくなってしまいます。

★爪きりをすると、猫が爪とぎをする喜びを奪うことにもなる。

猫は爪とぎをして長すぎる爪を削って短くするという日々の習慣がある。飼い主が爪切りをすることで、猫から日々の習慣を奪い取るということにもつながる。すなわち、猫の生きがいをうばっているのである。

★爪切りをすると大暴れする猫がいる。


猫が爪切りで大暴れするということは猫自身が本能的に爪切りをされるということを嫌がっているということ。猫も嫌がっていることを強制的にされると、ストレスを感じてしまいますので、猫にストレスを与えたくないなら爪切りをすることをやめましょう。別に猫は爪切りをしなくても健康にいきていけます。→野良猫は爪切りなんてしていないが、普通に生きている。

スポンサーリンク




最後に、

猫の爪切りをしすぎるのもよくない。

猫が嫌いな理由について書いてみた。

猫が嫌いな理由について書いてみた。

猫が嫌いな人って周りに結構いますよね。。ということで猫が嫌いな理由について書いてみた。

★猫は人間をひっかく。

猫を怒らせると鋭いつめで引っかいてくる。猫に引っかかれると本当に痛い。。猫に引っかかれたことがトラウマになって猫が嫌いになる人も

★猫はえさをくれない人にはなつかない。

猫はえさをくれない人にはなつかない傾向があるので、猫は損得勘定のみでしか動かないのかと思われてしまう。その結果、猫は損得勘定でしか動かないから嫌いなんだよねーという人がでてくる。

★猫のよだれの匂いがくさい。

猫によだれをたらされると結構くさい。猫のよだれくさいから猫とキスするの無理なんだよねーという人もでてくる。。

★猫はそこらへんで糞をするから無理。

猫を家で飼育すると思わぬところで糞をして部屋を汚すことも。。部屋で糞をされるのが嫌で猫を嫌いになる人もいる。


★爪とぎで壁をぼろぼろにされるのが無理。

猫を飼育していれば、猫が壁で爪とぎをして壁をぼろぼろにしてきます。中には猫に壁をぼろぼろにされるのがどうしても耐えられない人もおり、猫の爪とぎが理由で猫が嫌いになる人もでてくる。

★猫が怖い。

猫が怒ると野生に目覚めた顔になり、本当に怖い。猫が怒ると怖いから猫が嫌いという人もいる。


★猫は自由。

猫は犬と違って嫌なことは嫌だとしっかり表現する動物。なんでもかんでも服従させたがる人からしたら猫は嫌いみたいです。

★猫の体の毛が抜ける

猫は体の毛がよく抜けるので、飼育していると部屋が毛まみれになってしまうことも。。。猫に部屋を毛まみれにされるのが嫌だ感じてしまい、猫が嫌いになってしまう人もいる。

★猫は夜に鳴いてうるさい。

猫は夜行性の動物なので、夜に猫が鳴いてうるさい。猫の鳴き声がうるさくて安眠が邪魔されて猫がきらいになるパターンもある。

★猫と関わったことがないので、なんとなく怖い。

猫とあまり関わったことがない人からしたら、猫は未知の生物という感じがあるので、猫が怖いと感じてしまうこともある。猫が怖いと感じているうちに猫が怖い=猫が嫌いという感覚になってしまうのだろう。

★猫アレルギーのため、猫に触るとクシャミがとまらなくなる。

猫アレルギーの人は猫を少しさわるだけで、クシャミがとまらなくなってしまう。。クシャミで苦しんだ結果、猫のせいでこんな苦しい目にあっているのかと思い、猫が嫌いになる人もいるそうだ。。

スポンサーリンク


最後に、

猫嫌いな人は割りとまわりにいますよねー。。

猫にパンを与えてはいけない。

猫にパンを与えてはいけない。

猫は基本的にライオンと同じでたんぱく質を多く取ることで体が健康に保たれる動物である。それなのに、ユーチューブで、猫にパンを与える動画がアップロードされている。。世間では猫は雑食というイメージがついているのだろう。。ということで猫にパンを与えてはいけない理由についてかいていきたい。

★猫は肉食動物であり、胃がたんぱく質を消化しやすい仕組みになっており、炭水化物においてはなかなか消化しにくい仕組みになっている。

猫の胃はたんぱく質を消化しやすいようにたんぱく質の消化を促進させる酵素が多く排出されている。それに対して炭水化物の消化を促進させる酵素は少ししか排出されない。このような事実があるので、猫は炭水化物が多く含まれている食べ物を食べても消化がうまくできずに、栄養をしっかり採ることができなくなってしまう。上記のような出来事を引き起こさないためにも猫にはたんぱく質が豊富なえさをあげるのがベスト。

★猫をパンを与えることで起きる弊害で下痢や便秘になる。

消化がうまくいかなければ、便になるのに時間がかかり便秘という症状を引き起こしたり、消化がうまく出来ないので便の形も固形のものではなく、液体状のものになってしまう。このような問題を引き起こさないためにも、パンを与えるくらいならたんぱく質が多く含まれたキャットフードを与えましょう。

★パンはカロリーが高いし、糖分が多く含まれているものが多いので、猫にパンを与えたら糖尿病になるかも。

シナモンロールやアップルパンやクロワッサンやメロンパンやデニッシュなどはカロリーも高く、砂糖も大量に含まれているので猫に与えてはいけない。猫は甘いという感覚がわからないので、ついつい多く食べ過ぎてしまう。。その結果、糖尿病になってしまうことも。後、猫はチョコを食べ過ぎると中毒症状を起こして命を落としてしまうので、チョコがついているパンは絶対に与えることはNGとされています。

スポンサーリンク


最後に

猫には絶対にパンを与えてはいけない。パンを与えるくらいなら高級キャットフードを与えるべし。