読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんこ祭り

猫、キャットフードについて書いていきます。

シンプリーキャットフードの詳細。

シンプリーキャットフードは猫が20歳まで生きられるように開発された材料にもこだわったキャットフード。猫の場合、一切が5歳に相当するので20歳は人間で言う100歳という年齢。そんな長生きでいきる猫ちゃんはほとんどおらず、たいていは13ねんほどでこの世かたたちさってしまい、飼い主は悲しい思いをしなければいけません。飼い主に悲しい思いをさせないために、生み出されたのがシンプリーキャットフード。

シンプリーキャットフードの原材料。

★乾燥サーモンが29パーセントも含まれている。。→猫がたんぱく質を摂取するためにはたんぱく質豊富なサーモンをたくさん食べて何ぼ。乾燥サーモンが29パーセントも含まれているなんて、まさに良質なキャットフードです。後、サーモンが多くふくまれているため、炭水化物がすくないので、猫はシンプリーキャットフードを食べても太りにくく、動きやすい体系を維持することができるでしょう。

★サーモンが24パーセントも含まれている。→乾燥サーモンではないサーモンも24パーセントも含まれており、乾燥サーモンとあわせると53パーセントものサーモンがキャットフードにふくまれており、たんぱく質摂取にもってこい。それがシンプリーキャットフード。

★米が24パーセント→米が24パーセント含まれているので、炭水化物摂取もそこそこできます。炭水化物の取りすぎて太りすぎる可能性も0ではないのでご飯の上げすぎにはきをつけたほうがいいでしょう。しかも米を摂取することで、ビタミンやミネラルを体にしっかり補給できて猫ちゃんの体の健康は維持されて、風邪や病気にかかりにくくなるというメリットもあるので、米はキャットフードに必須でしょう。

★コーングルテン→コーングルテンいわゆるとうもろこしも含まれていますが、少量なので、猫ちゃんの体に悪い影響をあたえることはありません。コーングルテンの割合が多いキャットフードはあまり猫の体にいいキャットフードとはいえないので要注意です。

★サーモンオイル→サーモンの油はサーモンを食べるときに普通に含まれている成分なので摂取してもねこちゃんに悪い影響がでることはないといってもいいでしょう。

★ミネラル→ミネラルは体の健康をいじするために摂取しておかなければいけない栄養分。この栄養分がしっかりと含まれているシンプリーキャットフードは質がいいキャットフードといってもいいでしょう。

★ひまわり油→油成分もしっかりとひまわりのものであるとしっかりと記載しているので安心安全のキャットフードという自明の事実なのはいうまでもありません。安物キャットフードは油成分もごまかしてしまいますからね。。

★オート麦→オート麦という穀物も含まれていますが、少量なので、猫ちゃんの健康に害はありません。基本的にキャットフードで穀物が含まれていないものはないので、そこまで麦が入っているやばいでしょとあわてる必要はあります。安物キャットフードを食べている猫でも15年以上生きている猫もいますからね。。穀物が入っているキャットフードは欠点ばかりだと思われますが、猫のくいつきがいいというメリットも。

★グレイビーとは肉汁→肉汁もたっぷりと含まれているキャットフードで猫ちゃんのくいつきも相当いいとされるキャットフード。肉汁とはキャットフードの香りにもつながり、猫ちゃんにキャットフードのおいしさを伝える一つの要素になりかねない部分が少なからずあるのだ。
やっぱり、人間の食事の肉でも肉汁がたっぷりでる食事のほうがおいしいとおもってしまいますからね。キャットフードもしかり。。。

★乾燥全卵→たまごもたっぷりと含まれていてたんぱく質が豊富。ねこちゃんも乾燥全卵が含まれているシンプリーキャットフードをたべれば、体に筋肉もついて一石二鳥。。しかも猫は肉食たんぱく質をとってなんぼなので、たまごを摂取することは体にいいことまちがいなし。
人間でもたんぱく質を摂取してからだに精をだすためにたまごを摂取しますからね。。猫ちゃんも然りの部分はとてもおおかったりします。

★全粒亜麻→亜麻はカルシウム、ビタミン、鉄、マグネシウムを摂取できるの最高の成分。猫ちゃんも亜麻が含まれているシンプリーキャットフードをたべれば健康状態が万全に保たれるのはいうまでもない事実ですよね。

★タウリン→タウリンは摂取すると疲労回復効果があるとされる史上最高の元気成分。猫ちゃんもそんな元気が出る最高の成分が含まれているキャットフードを食べたら原器が出ること間違いなし。人間でもタウリンがたっぷりと含まれているドリンクをたべるとパワー前回元気満タンになりますからね。猫ちゃんもタウリンを摂取すれば、元気が充電されて、毎日活発に行動できるようになりますからね。

★メチオニン→メチオニンとは脂肪燃焼を促す成分。そんな脂肪燃焼を促す成分が入っているシンプリーキャットフードは猫ちゃんの余計な脂肪を燃やすのをてつだってくれて、猫ちゃんの肥満抑制効果がある。猫も肥満になると、さまざまな病気にかかってしまって長生きできなくなってしまうという弊害がすくなからずありますからね。

★オリゴ糖→オリゴ糖には便秘解消の効果があり、猫ちゃんが便秘にならないようにする効果があるとされています。便秘解消は猫ちゃんの健康を守るためには必要なことで、便秘が解消されれば、猫の体に悪いガスが体にたまることもなくなりますからね。そんな便秘解消成分が入っているシンプリーキャットフードはまさにねこたんの健康を考えてつくられた至高のキャットフードといっていいでしょうね。まさに最高。

★フランクトオリゴ糖→フランクオリゴ糖は腸内の調子をよくして猫ちゃんの腸を活発にします。

★クランベリー→クランベリーにはビタミンAとビタミンCがしっかりと含まれており、猫ちゃんの健康を保つためには必要不可欠。

★グルサコミン→軟骨の回復を促し間接の痛みを緩和させる効果があるとされるグルサコミン。関節の痛みがなくなれば、猫ちゃんが活発に動きまわれて幸せな猫生を送れること間違いなし。まさにグルコサミンは猫の元気を保つための特効薬といっていいでしょう。

★MSM→MSMとは肌荒れに効果があるとされる成分。MSMを摂取することで猫ちゃんの肌がいい状態に保たれます。

★コンドロイチン硫黄→コンドロイチン硫黄は関節痛に効果があるとされる成分。猫ちゃんの関節の痛みをとる効果が期待されています。

シンプリーキャットフードの成分についてもふれていいきましょう。

★粗たんぱく質31パーセント。→たんぱくしつが3割ほどなので、そこまでたんぱく質が多いキャットフードというわけではないようです。たんぱく質含有量については普通。

脂質14パーセント→脂質が14パーセント含まれていますが、安物キャットフードだと20から30パーセントの脂質なので、あまり脂質がふくまれていないキャットフード。

★粗繊維は1.6パーセント→繊維はあまり含まれていないキャットフード。猫ちゃんは肉食なので、あまり繊維を摂取してはいけないのですが、1パーセントほどなら安心。

★粗灰分は8.5パーセント→粗灰分は栄養があまりない成分。いわば残り物のカス。

★オメガ脂肪酸が2.74パーセント→オメガ脂肪酸はダイエット効果があるとされています。

最後に
シンプリーキャットフードは健康にとてもいいキャットフードみたいです。


シンプリーキャットフード公式サイト。
『シンプリー』