読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃんこ祭り

猫、キャットフードについて書いていきます。

デブ猫対策にやっておきたいこと。

デブ猫対策にやっておきたいこと。


自分の飼っている猫がかわいいからといって毎日えさばかり与えていれば、あっという間にデブ猫になってしまうので注意が必要。今回は我が家で買っている猫がデブになってしまうんじゃないのかと恐れている人用にデブ猫対策について書いていきたいと思います。

猫の体重と肥満

★小型の猫種で2キロから4キロ。

小型の猫種の平均体重は2キロから4キロといわれています。この数字をオーバーしてしまうと肥満猫でダイエットが必要になってきます。肥満になると、猫が糖尿病や内臓疾患など、さまざまな病気を発症してしまい、猫の寿命が縮まってしまうので、迅速にダイエットをさせましょう。

★中型の猫種で4キロから6キロ

中型の猫種の平均体重は4キロから6キロといわれています。この数字をオーバーしてしまうと肥満猫という称号を獲得でき、ダイエットが必要な猫に昇格します。このような肥満猫に昇格してしまうと、普段から猫が活発に動くことがなくなり、さらに肥満が加速していき、糖尿病や内臓疾患という大病を患ってしまいます。。そうならないためにも普段から飼い主が猫の食べるえさの量をコントロールしましょう。


★大型の猫種で6キロから8キロ。

大型の猫種の平均体重は6キロから8キロといわれています。この体重をオーバーしてしまうと完全にデブ猫の称号を付与されてしまいます。ただでさえ大型の猫は重いので、抱っこするのが大変で、大型で、デブ猫になってしまったらだっこなんてできなくなってしまいます。しかも
デブ猫になれば、足の関節に多大な負荷がかかり猫ちゃんが足を痛めてしまいますので、注意が必要です。うちの猫デブになってきたなーと思ったら猫ちゃんに食事制限をしましょう

総括

デブ猫はかわいいと思ってどんどん猫に与えて太らせる人がいますが、猫も人間と一緒でデブは長生きしません。。デブになると、様々な疾患をはつびょうしてしまいますので、適度な体重にしておくのがベストでしょう。

キャットフードをどんどん与えるデブ猫の飼い主

デブ猫の飼い主は飼い猫がご飯食べたいと欲すれば、キャットフードを猫が食べたいだけ与え、猫を太らせてしまいます。猫がえさ食べたいといっても食べたいだけ与えてはいけません。その理由は猫は野生の本能で、いつか起こりうる飢餓のために、好きなだけキャットフードを食べておこうするからです。人間も猫も一緒で本能のままでご飯はたべつづければ亜kという間にデブに変貌するので、注意が必要。

高級キャットフードを与えよう。

たんぱく質が多く含まれていて穀物が少ないキャットフードを猫ちゃんに与えましょう。猫が大量に穀物を摂取して運動しても筋肉にかえたり、エネルギーとして使うことができず、脂肪としてからだについてしまいます。そのため、穀物が多いキャットフードをほしいだけたべれば、あっというまにデブ猫になってしまいます。このような現実を避けるためにも普段から穀物がすくない高級キャットフードを与えましょう。

猫と遊んであげよう。

猫が太ってしまうのは運動しないという理由がほとんど。そのため、猫としっかり飼い主があそんであげて、猫に運動させてあげれば、猫ちゃんが太りすぎることがないのです。あまり、猫にかまってあげる時間がないというひとは、猫ちゃんの食事を制限してあげるしかないのですが。

猫も人間と同じで歳をとれば、代謝がわるくなる。

猫も老猫になって歳をとれば、代謝がわるくなり、脂肪を燃焼できず、若いときと同じえさの量をたべるとどんどん太っていってしまいます。そのため、老猫になったら、飼い主がしっかり猫のえさの量のコントロールをしてあげましょう。

猫の去勢や避妊手術には注意。

猫は去勢したり避妊手術をすると闘争心が失われてしまい、運動しなくなってしまうことも少なくないようです。そのため、猫ちゃんにしっかりと闘争心を維持させて運動させたいならば猫の去勢や避妊手術はご法度。

スポンサーリンク



最後に
デブ猫対策をしっかりやっていきましょう。